練馬ミセスフルーツパーラーサンで夜パフェ&フルーツサンド

※記事内に広告が含まれる場合があります。
練馬ミセスフルーツパーラーサンのりんごの誘惑の全体写真 練馬
スポンサーリンク

革新的なパフェを食べたい・・・
想像を超えて脳天に突き刺さるような衝撃のパフェを食べたい・・・

そう思っている方に練馬にある「ミセス フルーツ パーラー サン」の大人パフェをお勧めいたします。

オシャレでインスタ映えする見た目と濃厚な大人の味が楽しめて、今までのパフェ概念を変えてくれたお店ですのでご紹介いたします。

また、練馬には本格派かき氷のお店もありますので気になる方は過去記事の練馬で美味しいかき氷が食べれる名店は氷法師人をご覧くださいませ。

スポンサーリンク

Mrs. Fruits Parlor SUN. (ミセス フルーツ パーラー サン)の概要

ミセス フルーツ パーラー サンの始まり

2021年2月18日にオープンしました。

オープン当初はフルーツサンドとフルーツ飴の専門店としてお昼営業しておりましたが2023年には思考が変わり、夜パフェ専門店として基本夜営業となっております。

店名の由来

練馬の太陽(sun)となって練馬で一番笑顔があふれるお店でありたいとのことで命名。

〆パフェとは?

お酒を飲んで帰る前の〆としてラーメンなどがありますがこれをパフェに変えて〆ることです。〆のラーメンも最後にふさわしいですがここのパフェは見た目も味も量も満足でき贅沢な〆となるでしょう。

営業日と営業時間

平日16:00〜23:00(ラストオーダー22:15)
土日祝13:00〜23:00(ラストオーダー22:15)

電話:03-5946-9563

アクセス

住所:〒176-0012 東京都練馬区豊玉北5丁目32−11

練馬駅西口からですと徒歩2分です。自転車もお店の邪魔にならないところであれば停めることができますが、気になる方は駅前に2時間無料駐輪場があります。気になるかたは過去記事の練馬駅の2時間無料駐輪場7つの特徴を写真で解説をご覧くださいませ。

夜カフェ専門店VIGO

夜カフェ文化は札幌発祥文化ですが、流山から全国に夜パフェ文化を広げたいということで関係店舗がいくつかあります。

・おおたかの森店
・蔵前店
・柏店
・練馬店(本記事)

ミセスフルーツパーラーサンの外観

自転車で来たかたがおりましたのでお店の右端に自転車が停めてありました。店内が満席の場合は外で待つスタイルになっており、1組外で待っておりました。

私が訪問したのが10月でしたので秋パフェとして5つのパフェメニューが外に写真付きで掲載されておりました。2か月毎のメニューを変えているそうです。

見た目おしゃれですし大人な雰囲気がでていますよね。

ミセスフルーツパーラーサンの店内

店内の雰囲気

お酒販売もしておりますのでお酒やワイングラスが並べられています。壁はウッディ、緑に塗られた壁、白壁など部分的に異なりカジュアルな印象を感じました。また、間接照明のやわらない灯りが夜の雰囲気を良いものにしてくれております。

上を見るとお店の名前が大きく書かれています。

小さなテーブルと2つの椅子が店内にはいくつか並べられています。来る人数に合わせて机をくっつけて使うスタイルになっています。全部で12席になります。

椅子はベンチもありますし違うパターンもあります。

土日限定ですが以前販売していた形式でフルールサンドがパンナコッタとともに置いてありました。

そういえば練馬にはこだわりプリンのお店がありますので気になる方は過去記事の練馬の絶品プリンと卵は田中農場たまごのお店で買えるもご覧くださいませ。

メニュー

パフェ&FOOD メニュー

5つの秋のパフェメニューです。
「利休の夜」と「りんごの誘惑」のみお酒を使っていないそうで子供でも食べれるメニューとのことです。

パフェのこだわりが記載されておりました。

ドリンク メニュー 

中国茶(Chinese tea)メニュー

ハーブティーもあります。冷たいパフェ食べたあとによさそうです。

実食

我々は下記3つをオーダーしました。
・イチジクのフルーツサンド
・ソフトクリーム
・りんごの誘惑(パフェ)

フルーツサンドは優しいクリームがたっぷり入っておりますし、イチジクも大きくて美味しいです。ボリュームが結構あるんですがクリームがさっぱりしているので結構食べれてしまいます。

ソフトクリームは少しザラザラ感があり味が濃厚です。ミルクの美味しさというよりかは何かが濃い感じとがった味です。さっぱりというよりかは存在感を凄い感じると考えていただければと思います。

りんごの誘惑(パフェ)を頼みますとそのパフェの説明書をいただけます。

ワイングラスの上にキャラメルアップルパイが乗っており、その上にリンゴとカシスのムースです。正直こんなかたちで出てきたパフェを見たのが初めてでこれどう食べるんだろう?と思いました。

最初はリンゴをスプーンで優しく落ちないようにすくって食べていたのですがキャラメルアップルパイがだんだん端に移動してきて全て落ちそうになるんですよね。。。これはまずいと思い、別途お皿をご提供いただいておりましたのでそこにそっ~と移動させました。

リンゴとカシスのムースはあまずっぱい味で少し硬さがあります。秋だけど夏に味わいたいような甘酸っぱさを感じました。

ワイングラスの中には「洋ナシ・カシスメレンゲ・バルサミコ酢・黒糖アイス・ルビーチョコクランチ・アールグレイクリーム・シナモンリンゴ・洋ナシジュレ」

中身は完全に大人の味で今まで食べたパフェの概念を完全に超えるものとなりました。

アールグレイクリームの紅茶の味の強さと洋ナシジュレがお酒が入っているかのような風味を感じさせほろ苦いなかに濃厚さを感じます。そこに黒糖アイスの甘さも交わり甘かったりほろ苦かったりしている時にルビーチョコクランチの触感の楽しさ。これはひとつの芸術作品だと感じました。

実は最初値段を見た時にパフェの価格を見た時に目には優しくなかったのでどうかなーとは思ったのですがこの価格を出す価値があるパフェだと食べた後に納得できました。

夜だけのオープンにも関わらず外で人が待っているくらい人気があるのも納得ができました。特別な日の夜やプレゼントとして夜パフェはいかがでしょうか?

ミセスフルーツパーラーサンの公式インスタのリンクを載せておきます。

タイトルとURLをコピーしました