練馬の美味で洒落たかき氷をゆったり堪能するなら氷法師人

※記事内に広告が含まれる場合があります。
法師人のかき氷のブドウかき氷 練馬
スポンサーリンク

かき氷が本格スイーツとして進化し人気が出たことで食べるにも早くから並んで整理券をとったりなど大変なこともありますが練馬の美味しいかき氷店の氷法師人(こおりほうしと)は予約ができます。

実際、我が家は予約してかき氷を食べにいきましたがオシャレで美味しいかき氷をゆったり食べることができて大変満足できました。

見た目も味も満足できますし、サービスも良いので氷法師人を応援したい気持ちもあり当ブログにてご紹介させていただきます。

また、暑い練馬にはかき氷は最高だけどそもそもなんで練馬はこんなに暑いの?と思う方は過去記事の東京練馬区なぜ暑い?最高気温40度の理由と熱中症対策もあわせてご覧くださいませ。

スポンサーリンク

氷 法師人(こおり ほうしと)の概要

氷 法師人とは?

もともとは蕎麦屋の「法師人」(ほうしと)として営業を開始しました。食べログ百名店として5年連続選出された名店ですが、マスターの療養もあり蕎麦は土日営業のみとなりました。

蕎麦専門店の娘さんとかき氷専門店で働いていたお友達でかき氷屋の「氷 法師人」をオープンしハイブリット型のお店へと進化しました。

氷 法師人のオープン日

2023年4月5日にオープンしました。

営業日と営業時間

平日13:00〜18:30(18:00L.O)
土日11:30〜15:00 (14:30L.O)
TEL 080-7428-5410(予約可)

土日だけ15時終わりなのは夜の部は蕎麦屋になるためです。
※蕎麦の提供は土日の夜のみ

一年間ずっとかき氷やを営業しております。

アクセス

住所:〒176-0013 東京都練馬区豊玉中2丁目7−12

徒歩の場合

西武池袋線であれば練馬駅か桜台駅になりますが練馬駅経由の方が歩きやすいとは思います。西武新宿線であれば野方駅が最寄り駅になります。

バスの場合

練馬駅からバスが結構走っています。

練馬駅→中野駅行
練馬駅→高円寺駅行
に乗り豊玉中2丁目までいけばその後徒歩2分で着きます。

駐車場や駐輪場

①駐車場
2台分あります。埋まっている場合は近隣駐車場を探すことになりますがどうしてもない場合は近くにビッグカメラコジマがあり比較的大きな駐車スペースがあるので買い物があれば交渉はできるかもしれませんね。

②駐輪場
お店の前にとめます。住宅街で道も広いので邪魔にならないようにしましょう。

氷 法師人の外観

看板はそば法師人になっておりますが蕎麦屋&かき氷屋&自宅になっております。

お店の前に注意書きが掲載されておりましたので載せておきます。

氷 法師人の店内

食事処は和室になりますので靴を脱いで畳に上がります。

トイレは奥の右側にございます。

レジと奥が調理場になっておりました。いくつかサインも飾ってります。

氷 法師人のメニュー

年間通じて営業しておりまして季節によってかき氷のメニューは変わります。今回ご提供するメニューは2023年9月時点のものです。

メニュー名は1つでもその中に色々なトッピングが載っています。

法師人のかき氷実食

和栗のモンブラン

かき氷の上にモンブラン(和栗ペースト&さつまいもペースト)が乗っていてラムレーズンもあるので大人なかき氷ですね。しかも結構大きいのでボリューミーですよ。

食べてみるとうまい!かき氷が甘くホイップクリームやカスタードクリームも入っているからですかね。食べ進めていくと中にもリンゴペーストがあって違う触感を楽しめるのもグッド!

ピオーネとシャインマスカット

おおー!ボリューミーだしピオーネの紫とシャインマスカットの緑があざやかで迫力があります。子供がこれを頼んだんですが甘いピオーネのタレと量が多いので正解でしたね。

食べ進めていくと中にもシャインマスカットが入っており贅沢な気分になれます。中が少し白いのはヨーグルトクリームでさわやか且つ、ヨーグルトの甘みを感じてこちらもよいアクセントです!

抹茶(みぞれ蜜)

抹茶のかき氷の上にのっているのは「あんこ・蕎麦豆腐・青大豆きな粉クリーム、黒蜜」です。The和風かき氷ですね!

抹茶とあんこの組み合わせは本当最高ですね。うまい!抹茶に苦みが効いているので大人向けの味付けですし、蕎麦豆腐などの味も大人向けだと感じました。

中はクルミ大豆あん、クランブル、酒粕が入っていて触感がこれも楽しいですし味のアクセントもかわります。この3つの中でこの抹茶が蕎麦屋が出している大人の和風かき氷というイメージに近かったですね。

3つ全てのかき氷は外から食べて中で味が変わって量は大けど飽きさせない味ですね。凄い!

感じたこだわり

お皿へのこだわり

かき氷に使う器は益子焼の蕎麦用皿で凍らせて使います。保冷性に優れている特徴をいかすことでかき氷が溶けるスピードを遅くすることでゆっくり味を堪能しながら食べることができます。

室内の温度

かき氷がおいしく食べることができる室内温度に設定してあると感じました。9月にいきましたがほんのり暑さを感じる温度です。美味しいかき氷店は冷房がガンガン効かせていなくて少し溶けて食べやすい温度にしているケースが多く氷法師人も同じだと感じました。

最後に

マスターが療養となり娘さんがかき氷屋をスタートさせ頑張っている雰囲気をとても感じました。

ソバの名店のノウハウがかき氷にも活かされていると私は感じました。見た目のお洒落さ、お皿へのこだわり、店内の雰囲気、かき氷を食べ続けても違う味に変化して飽きさせない、そしてソバのノウハウを生かしたソバ豆腐の味。親子の連携を食を通して感じて感動してしまいました。

ソバの名店がかき氷の名店になる日も近いと思いますし、季節ごとの違う味が出てくるのも楽しみです。

最後に氷法師人の公式インスタのリンクを載せておきます。

練馬にはその他にもおいしい甘未のお店がありますので過去記事の紹介をします。

練馬駅から徒歩2分の夜パフェの店練馬のミセスフルーツパーラーサンでパフェ&フルーツサンドや絶品プリンの練馬の絶品プリンと卵は田中農場たまごのお店で買えるもあわせてご覧くださいませ。

タイトルとURLをコピーしました