沖縄県の新テーマパークJUNGLIA(ジャングリア)の場所と意味

※記事内に広告が含まれる場合があります。
森岡さんが作るテーマパーク名はJUNGLIA(ジャングリア) 検証
スポンサーリンク

西武遊園地や大阪USJの売上カーブを急激に変えたマーケティング有名人の森岡毅さんが手がけるテーマパーク名がJUNGLIA(ジャングリア)と決まりました。

沖縄にテーマパークを作ると以前からテレビで語っておられましたので11/27の速報で名前が決まったことは沖縄県民の皆様にもとても嬉しい日になったと思います。

JUNGLIA(ジャングリア)の現在わかっている情報について調査しましたのでご紹介いたします。

スポンサーリンク

テーマパークJUNGLIA(ジャングリア) の概要

JUNGLIAの意味(名付けた理由)

・海を越えて海外の方にも通じる名前であること
・都会では味わえない大森林の景色の中でおこる体験を演出
・JUNGLIAの「IA」はユーラシア大陸などで使われる大陸や台地をイメージしていただく
・沖縄で地域のみなさんに愛されて地元の方に根付く産業になってほしい

ことから名付けなれたそうです。

世界自然遺産「やんばる」の森に囲まれるテーマパーク

世界自然遺産に登録されている「やんばる」の中にもともと嵐山ゴルフ場が立っており、そこにテーマパークを立てます。

やんばるの自然の森を最初から切り開くのは抵抗があったのでゴルフ場の跡地を再利用することで最小限に抑えることができてそうです。

JUNGLIAの開業時期

2025年開業予定

沖縄の魅力が一番伝わる季節の夏にオープンしたい気持ちがあるそうです。

JUNGLIAの投資額

約700億円程度です。

沖縄県内に継続して来ていただきJUNGLIAを継続していける計画を考えるとこの金額だそうです。土地の特徴を引き起こしてユーザーの本能にささるものを提供するアイディア勝負のようです。

初年度の来場者数

近くには美ら海水族館があるので同等レベルを目指したい気持ちはあります。

ただ、テーマパークだと料金も違うので同等の数は難しいとは思っているが150万人~200万人くらい来ると採算が取れる計算だそうです。

公表されているサービス概要

沖縄の森林(やんばる)に囲まれた大絶景の中に体1つで飛び込んで興奮していただけるようなアトラクションを用意しているとのことです。

アトラクションとしては
・数10種類の体験ができるようですが例として気球に乗ってジャングルや海を遊覧する体験
・広大なジャングルでジップラインを利用し空を飛ぶようなような体験
・迫力あるジープに乗り込み肉食恐竜から逃げるサファリライド
・映像にはジャングルの中でブランコを漕いでいる女の子もおりました

気球体験の雰囲気については所沢航空公園の気球体験や周辺施設で楽しむ方法でご紹介しておりますのでご興味があれば御覧くださいませ。

リゾート体験としては
絶景を眺めながらの食事体験やを楽しめる施設とありますね。未来イメージを見ると大自然の植栽豊かな中で食事をしながら気球を見ている風景がありました。
また、大自然の中に凄い広いお風呂(インフィニティスパというらしいです)の映像が出てきてくつろいでいる様子がありました。温泉かどうかまではわかりません。

エンターテイメント体験
エンターテイメントもあるようですね。写真では花火があったので夜には花火があるでしょう。また、森岡さんが以前、漫画やゲームなどのコンテンツを活かしたいと話されていたのでUSJのスーパーマリオのようなこともありそうですね。

JUNGLIA(ジャングリア) へのアクセス(場所)

住所:〒905-0413 沖縄県国頭郡今帰仁村呉我山654−32
オリオン嵐山ゴルフ倶楽部の跡地で那覇空港からは車で約1時間30分です。

JUNGLIA(ジャングリア) の広さ

オリオン嵐山ゴルフ倶楽部の跡地ですので、既存ゴルフ場から計算します。

約64ヘクタール(64万平方メートル)を改修して自然を活用したテーマパークを再整備するようで建物規模は総延べ2万2565平方メートルになるそうです。

更には隣には60ヘクタール同等の土地が余っているようで拡張計画もあるそうです。(第1弾のオープン時は建築中だと思われます)

東京ドームに例えると13.6個分の広さ
東京ディズニーランドに例えると1.25倍の広さ

美ら海水族館から車で26分

沖縄両行にいくと大半の方は美ら海水族館に行くことが分かっていますが、沖縄北部の観光スポットは少ない状況です。ここに新テーマパークのJUNGLIAが建設されれば美ら海水族館とテーマパークも行けて周りの産業(ホテルなど)も増えて最終的に沖縄のインフラがよくなるのを目指す想いがあるようです。

最終的には沖縄に鉄道を引いて移動手段を増やしたいことも語られておりました。

テーマパークJUNGLIA(ジャングリア) とUSJとのコンセプトの違い

沖縄の大森林の中でしかできない土地の特徴を活かした特別な体験を提供するものを目指しているそうです。

大阪のような都会のコンクリートの中でなにかを作っていくのではなく、大自然を地形を利用するのがメインでその後のアトラクションはアイディア勝負でできるだけお金をかけずに行う想定のようです。

コンセプトは「Powre Vacance!!」

そう考えると西武園遊園地もお金をかけずにレトロ感を演出し昭和の世界を表現することで新たなテーマパークとして生れ変わりました。お金をかけたのはほぼゴジラだけであれほど来場者数が増えました。

最後に

沖縄は海のイメージがありますが建設地は海から離れているので森の中でのテーマパークだからジャングリアなんでしょうかね。

気球から海を流れるなどの予定が書かれてましたが気球は天候にも作用されやすいのでどこまで理想通りにいけるのか興味深いです。

最新テクノロジーを利用してともあったのでVRやARなども考えられますが広い敷地内なのでラクロなどの楽に移動できる歩行速ロボット体験とかあると新しいなと思いました。

ラクロやデリロについては自動運転1人乗りロボットや無人配達ロボットの概要と体験方法でご紹介しております。

JUNGLIA(ジャングリア) のイメージ写真が速報で掲載されておりました。

沖縄タイムズの公式HPにあるJUNGLIA(ジャングリア)の紹介ページリンクを下記に貼っておきます。

株式会社刀の公式HPリンクを下記にはっておきます

テーマパークの運営主体となるジャパンエンターテイメントの公式HPリンクを下記にはっておきます

タイトルとURLをコピーしました