練馬ロケット公園は安全な長い滑り台と豊富な遊具で楽しめる

※記事内に広告が含まれる場合があります。
ロケット公園(豊中公園)の滑り台 練馬
スポンサーリンク

練馬駅から少し離れますがおすすめできる滑り台が豊中公園(当ブログではロケット公園と呼びます)にあります。

ロケットをモチーフとした滑り台は高さも長さもあるので楽しめますし、安全面もしっかり考慮されていることから安心して遊ぶことができるのです。滑り台好きなお子様がいれば一度は訪れて欲しいスポットですのでご紹介いたします。

スポンサーリンク

ロケット公園の概要

ロケット公園とは

豊中公園のことを地元民はロケット公園と呼んでいます。

敷地面積は2,022 ㎡で東京ドームに換算すると約0.04個分で、一般的な公園の広さかと思います。

アクセス

住所:〒176-0012 東京都練馬区豊玉北4丁目20

練馬駅からロケット公園まで徒歩9分で平坦な道のりになります。

もちろん自転車置き場もありますので自転車でのアクセスも良好です。

さすがに駐車場はありませんので車の場合は近隣駐車場をご利用ください。

また、少し離れたところに青い汽車をモチーフにした遊具で遊べる練馬の徳殿公園で遊具と青い汽車とジャブジャブ池で遊ぶがありますので気になる方はあわせてご覧くださいませ。

ロケット公園の遊具

ロケット滑り台

ロケット公園といえばこの滑り台で正面から見ると「ROCKET」と入っていますね~階段を登った時に丸い覗き窓から子供が覗いているのがかわいいですよ(^^♪

ロケット滑り台は2つあり高低差でわかれています。赤い滑り台は高さもあり螺旋形状なので長さもあるところが楽しめるポイントです。

反対から見ると高さがある赤い滑り台が螺旋状になっていることがわかります。

ロケット滑り台がある周辺は柵で囲まれています。

小さなお子様だと高さがある滑り台だと安全性は大丈夫だろうか?子供は怖がらないだろうか?など疑問を持たれるかたもいるかと思いますが、螺旋状にすることでスピードが抑えられ、少し滑りにくい素材がつかわれているため安全性が高いものになっております。

更に、滑り台の最後の方はなだらかになり平面が続くため、どんなにはげしく滑っても滑り台からはみ出ることはありません。

色々な滑り方をしても滑り台からはみ出ることはないので安全性が高く親も安心してみていられるでしょう。

滑り台へ行くまでは階段です。

ロケット滑り台の周りの低い壁は?

ロケット滑り台の周り半分は低い壁に囲まれています。下記写真の水色と白の部分で途中から段差がく変わっていますよね。

以前はこれなんだろうな?と思っていたのですがこの上に子供が乗って歩いたりくぐって遊んでいるんですよね。あーそういう遊び方なんだな~子供の発想力は凄いなと思います。

砂場

柵に囲まれた砂場があり練馬の公園の砂場では一番遊びやすそうだなと思います。空いているのと柵に囲まれているので変なものが入っていない安心感があります。

ブランコ

同じ大きさのブランコが4つあります。

ジャングルジム

回るいようなお花のようなかたちのジャングルジムです。

鉄棒

練馬の公園でよくみかける大きさが異なる鉄棒があります。

ロケット公園の広場や施設

遊具と広場と大きくわかれており、広場はわりと広めです。子供とサッカーボールをけって遊んでいる家族もいましたし、それくらいのスペースがあります。

トイレもあります。

公園に郵便ポストがありました~

最後に

ロケットの滑り台が秀逸だな~と思います。子供は乗り物好きですし長い滑り台で安全に遊べるのですから是非訪れて欲しいなと思います。

公園に関する記事をいくつか載せておりまして1つ【現地レポ】豊島園跡地の練馬城址公園を地図や写真で解説を参考で載せておきますのでご興味がありましたらご覧くださいませ。

タイトルとURLをコピーしました