豊島園の小京都向山庭園で非日常間を無料で味わう

※記事内に広告が含まれる場合があります。
向山庭園の椅子と眺め 練馬
スポンサーリンク

豊島園駅といえば有名なのはハリーポッター施設(スタジオツアー東京)や練馬城址公園がありますが、豊島園駅徒歩2分のところに植栽豊かで自然に癒される向山庭園があるのはご存じでしょうか。

私は練馬区民なので向山庭園によくいきますが駅近とは思えないほど静かな場所であり、緑豊かな木々が風で揺れる音や、水の流れる音が聞こえ、デザインされた庭を自分のペースでゆったり眺めることができる貴重な場所です。

ちょっとした旅行気分を味わえ、京都の庭園巡りにきた雰囲気にさせてくれますし、何よりも人がほとんどいないので穴場なのでご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

練馬区立向山庭園の概要

向山庭園とは

昭和 55 年5月 1 日に向山庭園(こうやまていえん)は開園いたしました。浜口内閣時代の江木鉄道大臣邸であったといわれています。現在は庭園を有する和風施設で文芸、茶道囲碁などの活動場所や会議や学習の場所として利用されています。

敷地面積は2,579㎡で東京ドームの5%と広くはありません。池や石組みなど日本庭園の要素が取り入れられ、四季折々の美しい景色が楽しめるようになっています。

開園時間と利用料金

■開園時間
9:00~21:30 ※庭園散策は17:00まで

■休園日
12/29~1/3

■利用料金
庭園散策:無料

和室や茶室などの施設を借りたい場合は施設料がかかります。施設を利用するには事前予約が必要で公式HPに記載されています。

向山庭園の公式HPを下記にのせておきます。

またペットを伴っての入園はNGですが補助犬(盲導犬、介助犬など)はOKです。

アクセス

住所:東京都練馬区向山三丁目1番21号で最寄り駅は豊島園駅です。

西武豊島園線の豊島園駅(改札は1つ)徒歩2分
都営大江戸線の豊島園駅A2出口 徒歩3分

西武線の豊島園駅の改札を出たら左側方面にあります。

豊島園駅までの行き方は別記事の【現地レポ】ハリーポッターとしまえんに行く方法と現地の雰囲気を紹介をご覧くださいませ。

駐車場と駐輪場

駐車場は基本ありません。
障害者方向けの駐車場は1台分あり、事前の問い合わせが必要です。問い合わせ番号は(03-3926-7810)

駐輪場は自転車20台分が置けます。

豊島園駅から向かうと最初の入口は下記の写真になりますがこちらは正面口(今後は当ブログでは裏口といいます。)ではないので駐輪場がありません。

下記写真の左側に植栽が多いところが向山庭園の裏口です。そのまま坂道を登って左側にいくと正面口があります。

こちがら正面口の写真です。正面口から入り右側に駐輪場があります。

少し残念だな~と思うのは正面口からマンションが見えていますね。雰囲気が良い庭園だけに自然の世界を堪能したいところですが時代の流れを感じますね。逆にマンション視点で考えると向山庭園を見下ろすことができて借景になるんですね!

施設の全体Map

このMapの右を見ていただくと障害者用の駐車場と駐輪場があることがわかります。正門を入ると和室や茶室などの施設があり右側に庭園があるレイアウトになっています。和室や茶室の施設は1階にあり、庭は地下1階にある構造なので施設の上から庭を眺める構造になっています。

施設内にはエレベータがあり、施設と庭の上り下りが誰でも楽にできるようになっています。

向山庭園の雰囲気を紹介

デザインされた植栽

訪れたことがない方に向けて庭園の雰囲気をまず写真でご紹介してイメージを伝えさせてください。

裏口から入ってすぐの景色です。植栽豊かなだけでなくデザインにこだわっていることが感じられると思います。私は階段横の大きな石組みの上に植栽が覆っているのが好きです。

見頃のお花がピックアップされていました。

手すりつきの階段の雰囲気です。柔らかい日差しと静かな雰囲気に包まれ、旅行にきたかのような気分にさせてくれます。

下から上の施設近辺を撮った写真です。緑の中を散策すると日影で涼しく木漏れ日を感じます。

所々にベンチ

階段を登ると施設がありますが、その先には座って景色を眺める椅子があります。日影に椅子があるのもいいですし、無料ですよ!贅沢な時間だと思いませんか?

下の写真は緑に囲まれた中で座れるところで日影なのでひんやりします。

池泉や遣水

庭園につくられた池のことを池泉(ちせん)といいます。また、池泉に流れ込む細く曲がった水路を遣水(やりみず)といいます。ゆっくりと遣水が池泉に流れるデザインをみることができます。実はこの横には施設があり施設の窓からこの風景を眺めて楽しむもことができます。

1階と地下の間の階段にも水路がありましたので写真を撮りました。段差がある水路に風情を感じます。

こちらは手水鉢(ちょうずばち)ですかね~
手水鉢とは身を浄めるために置かれた水を入れておく鉢のことで、社寺に参拝するときに手や口を洗うのに使われ、桃山時代の庭園に取り入れられました。

石の真ん中から水が湧き出るように出ていて周りの静けさと水の音を聞くと心が和みます。

地下1階の真ん中には広い池があり横には茶室がある構成です。反対側から池を見ると真ん中にベンチがあり、池を見る特等席になります。

椅子に座って茶室を眺めた写真です。石橋もあり雰囲気がある景色です。

ベンチにしばらく座ってゆっくりすると池から水が沸く音と自然の風がとてもすがすがしい気分です。

その他にも水の流れと音が聞こえる場所がいくつかあります。

茶室

日影になっている門から植栽豊かな茶室に向かう写真を撮りました。

茶室の壁一面は緑で囲まれています。この茶室も有料ではありますが借りることができます。

テレビ「有吉ぃぃeeeee!」で紹介されました。

2023年8月6日にテレビ番組の「有吉ぃぃeeeee!」で向山庭園が紹介されておりました。

内容としては庭園が整備されていることや池の真ん中に大きなザリガニがいてアメリカザリガニが大繁殖しているのでは?といった内容でした。

今回は向山庭園をご紹介いたしましたが練馬の利便性と自然を融合する癒される庭園だと感じていただけたでしょうか。

他にも練馬情報の記事を書いておりますのでご興味がございましたらご覧くださいませ。

タイトルとURLをコピーしました