元外務大臣の田中真紀子節の名言と注目理由を考察

※記事内に広告が含まれる場合があります。
政治家の田中真紀子節とは 検証
スポンサーリンク

政治家の田中真紀子さんは独特の言い回しを行うことが話題となり世間では「真紀子節」と呼ばれています。

田中真紀子さんの真紀子節が炸裂するとニュースでは「真紀子節が炸裂しました」などと話題になります。

そこで、真紀子節がなぜそこまで話題となるかや今まであった真紀子節の一部をご紹介いたします。

スポンサーリンク

紀子節が注目される理由の考察

思ったままを素直に言う

人にもよると思いますが遠まわしな発言やオブラートに包む発言をされる方もいますが田中真紀子さんは比較的思ったままを素直に言う傾向があり、とてもわかりやすく腹落ちします。

更には、政治家としての強い意志や信念がはっきりと言葉に出ています。そのため、時に物議を醸しだすこともありかと思いますが注目を集めています。

独特の言い回し

田中真紀子氏の真紀子節は、その独特の言い回しも特徴です。

「人間には三種類しかいない。敵か、 家族か、使用人だ」

この発言が正しいかはわかりませんが考えの範囲を3つに分類して選択させることで頭の中を整理できるとは思います。

政治家としての経験

田中真紀子さんは外務大臣などを経験しており、政治に関する豊富な知識や経験を持っていますので発言には説得力があります。

過去の真紀子節

真紀子節のご紹介の前にひとこと

ここから田中真紀子さんの真紀子節をご紹介しますがインパクトがある発言ではありますが好き嫌いがわかれることもあるなと感じました。

ただ、私は表現は自由だと思いますし、色々な個性ある方がいるおかげで新しい気付きを与えられて自分も学べるものだと考えておりますのでその観点でご紹介いたします。

過去の発言

「安倍さん以降、彼も含めてですけど、安倍さん同期だったから仲良しだったんですけど、客観的に見て、やっぱり、人としてすべて終わってしまったというか、賞味期限が切れたというか…そういう人たちが総理になり、閣僚になり、議員になっているんですよ」

「答弁を差し控えさせていただきます」というのはやましいから答えられないってことでしょ。じゃあ国会議員になるのを差し控えた方が良いですよ

「政治家は使い捨てですか?」

「凡人」「軍人」「変人」
自由民主党総裁選挙に立候補した小渕恵三さんを「凡人」、梶山静六さんを「軍人」、小泉純一郎さんを「変人」と表現しました。

「悪臭紛々とした生ゴミを安倍家の台所から出して、バケツに押し込める。そのふたをするのが菅政権の役割」

最後に

政治の内容は結構難しいものが多いと思いますし、記者会見で語った内容すべてがニュースで放映されるわけでもないと思います。

そのような状況でどうすれば世間の皆様にわかりやすくインパクトがある言葉で伝えられるかを考えた結果、このような発言になっているのではないだろうかと感じました。

紀子節がニュースで取り上げられるほど、思ったままを素直にテレビで発言できる方も少ない世の中になっているのかな?とも感じました。

インパクトがある発言により影響を受ける方もいると思いますが、心のゆとりを持ち許せることで言いやすい世の中にもなるのかなと考えさせられました。

タイトルとURLをコピーしました