練馬クレープ屋indigoはお洒落でフレーバーが効いた味

※記事内に広告が含まれる場合があります。
練馬indigoのメニュー 練馬
スポンサーリンク

練馬駅から徒歩8分、桜台駅から徒歩9分のところにあるクレープ屋のアンディゴですが、駅から少し離れているものの練馬にはクレープ屋がほぼなく貴重なお店です。

アンディゴは具材にこだわってボリューミーなクレープを堪能するお店だと思っています。ご興味がある方はご覧いただければと思います。

また、甘いものが好きな方でプリン好きな方は練馬の絶品プリンと卵は田中農場たまごのお店で買えるもご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

indigo(アンディゴ)の概要

indigoのはじまり

2023年1月にオープン

営業日と営業時間

■クレープ
【営業日】
 月・木・金 11:00~17:00
 土 13:00~16:00
 日 15:00~17:00

■ビストロ
土 17:00~21:00
日 11:30~14:30

アクセス

東京都練馬区桜台5-11-22

店舗は住宅街中の住宅街にあるので本当にこの先にお店があるのか?と不安になると思います。が信じて進むと店舗がありますよ。

店舗に行く最後の路地です。ここの一番奥の左側に店舗があります。

歩いて行くと下記のような店舗が見えてきます。自転車も前に置くことが可能ですね。

indigo(アンディゴ)の雰囲気

外には1つだけテーブル席がございます。目の前が学校なので時間帯によっては学生が通るかもしれませんね~

室内はカウンター席のみでしてこの椅子結構高さがあります。大人であれば問題ありませんが注意が必要です。

店内の雰囲気

室内はモダンな雰囲気で全体的に洒落ています。

メニュー

メニューは550円~高級路線の1200円まであります。

  • アップルシナモンクリームチーズ
  • チョコバナナ
  • クレームブリュレベリーソース
  • モンブラン
  • バナナカスタード生クリーム
  • シャインマスカットヨーグルトソース
  • ほっといちじくクリームチーズ
  • カスタード生クリーム
  • 塩バターキャラメリゼ
  • レモンシュガーバター
  • マルゲリータ
  • ハムチーズエッグ
  • 野菜とローストチキン

バニラアイスを+100円でトッピング可能です。

実食

今回はレモンシュガーバターを注文しました。真ん中にはindigo経営者をイメージしたキャラクターでしょうかね。

レモンシュガーバターはボリュームがあるものではないので写真のように平たく映っています。まず生地を食べてみますとう~んいたって普通ですね。食べ進んでいき中身のレモンシュガーにあたると香りも良く程よい酸味が効き美味しいです。

indigoは中の具材で楽しむクレープなんだと私は思っています。メニューを見ていただくとわかるように具材に力を入れており、普段クリープ屋で見かけないものもあるかと思います。具材が沢山あるクレープを選ぶと価格が少し重いかなーとは思いますが、せっかくなら堪能できるものを選んだ方が満足度は高いと思います。

indigoの公式インスタグラムのリンクを貼っておきます。

タイトルとURLをコピーしました