【ブラックジャック】実写ドラマ化の歴代キャストを紹介

※記事内に広告が含まれる場合があります。
ブラックジャックドラマ化 歴代主要キャラクターの紹介 検証
スポンサーリンク

ブラックジャックの実写化ドラマが始まることが2023年12月に発表されました。

外科医のブラックジャック役は高橋一生さん。助手のピノコ役は後ろ姿だけしか公開されておらずまだわかりません。こちらはブラックジャック実写化のピノコ役が永尾柚乃だと予測する4つの理由でご紹介しております。

ブラックジャックのドラマ化シリーズは人気があり、今まで何度も放映されてきました。そこでブラックジャック、ピノコ、Dr.キリコを誰が演じてきたかをまとめましたのでご紹介いたします。

スポンサーリンク

ブラックジャック実写化と各回の主要キャラクター紹介

初回ブラックジャックの登場

1977年に瞳の中の訪問者という映画で脇役としてブラックジャックが出ました。

【ブラックジャック役】宍戸錠
【ピノコ役】不在
【Dr.キリコ役】不在

2回目のブラックジャック登場

1981年にドラマの名前が「加山雄三のブラック・ジャック」です。

普段は実業家だが必要な時にブラックジャックのトレードマークであるマントを羽織り、無免許医師活動をする設定です。

【ブラックジャック役】加山雄三さん
【ピノコ役】今井里恵さん
【Dr.キリコ役】不在

3回目のブラックジャック登場

1996年に原作のブラックジャックのストーリーをもとにしたVシネマです。

【ブラックジャック役】隆大介さん
【ピノコ役】田島穂奈美さん
【Dr.キリコ役】草刈正雄さん

ピノコ役の田島穂奈美さんの演技がうまいのが印象的です

4回目のブラックジャック登場

2000年に原作のブラックジャックのストーリーをもとにしたドラマです。

【ブラックジャック役】本木雅弘さん
【ピノコ役】中山詩央里さん・中山紗央里さん
【Dr.キリコ役】森本レオさん

5回目のブラックジャック登場

2011年にヤングブラックジャックというブラックジャックが名前の名乗る前に活動していたエピソードをドラマ化したものです。

【ブラックジャック役】岡田将生さん
【ピノコ役】不在
【Dr.キリコ役】小澤征悦

ブラックジャック番外編 板尾創路

ガキ使の笑ってはいけない病院24時で板尾創路が変装したものです。私の中ではなぜか一番腹落ちするブラックジャックです。

【ブラックジャック役】板尾創路さん
【ピノコ役】山田レイナさん
【Dr.キリコ役】不在

最後に

今まで何度も放映されている内容をまとめてみると時代によってリアルティが増していますね。

街の風景や洋服なども今風であり、現代版のブラックジャックにブラッシュアップされて放送されていると感じました。更には最近のテレビ映像はかなり細部まで見やすいものになっているのでよりリアルさが増していますね。

今回、高橋一生さんがブラックジャックを演じますが、高橋さんは既にジョジョの奇妙な冒険の有名キャラ岸部露伴を演じており、独特の世界観を表現できる役者です。岸部露伴は人気漫画家で冷静さがある人格でしてブラックジャックの人格と似ている点があるので、ブラックジャック役が高橋一生さんに決まったことが腹落ちしやすいです。

令和版ブラックジャックのドラマ化がどうなるか楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました